「消費税 10%への増税」と「8%据置き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ今年2019年10月から延び延びになってきた消費税が10%へと上がります。(当初は2015年10月予定、延期されて2017年4月予定、そして再度の延期で2019年10月と3度目の正直となります)

なお、消費税は社会保障(年金、医療、介護)と少子化に対処することのみに使われるということが法律で定められています。今の日本の少子高齢化の流れから増税は致し方ないことかもしれません。。(外国では20%を超えているところも…)

もちろん我々の普段の生活での負担が増えるのはイタイところではありますが、8%よりも10%の方が計算が簡単と言うところは良いかなと^^

なお、単純に10%にする方が分かりやすいのですが、一部を8%に据え置いてくれる「軽減税率」という有難い制度が適用されます。ところが、この線引きが非常にややこしいので代表的なものを並べてみましたので、ご参考にしてみてください。

 

項目 10%へ増税 8%のまま据置き
食料品 食材、お惣菜など加工品
飲料 ビール、ワイン、日本酒など酒類 ノンアルコールビール、清涼飲料水など
外食 店内 テイクアウト、出前
みりん、料理酒 みりん(酒類) 料理酒(酒税法で規定されていない)、みりん風調味料
栄養ドリンク リポビタンD(医薬部外品) オロナミンC(清涼飲料水)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お電話からの相談・問い合わせ: 076-293-1853 (平日9時~17時)Webからの相談・問い合わせはコチラ
+