児童手当の申請はお早めに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が生まれたら出生届と合わせて児童手当を忘れずに申請しましょう!
児童手当については以前の投稿をご確認ください(コチラ)

 

今回は、申請するタイミングで1ヵ月分(所得制限を超えない方であれば15,000円)減ってしまう恐れがあるという話です。

なぜなら「出生日」が基準ではなく、「申請した日の翌月分から」児童手当が開始となるからです。

ただし、出生日が月末の場合、その月内の申請は困難です。その場合は出生日から15日以内であれば出生日の翌月に申請してもその月分からもらえる「15日特例」があります。

下の図のケース2とケース3は出生日が同じで申請日が異なるだけですが、ケース3は1ヶ月分ソンすることになりますので、気をつけましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お電話からの相談・問い合わせ: 0120-849-076 (平日9時~17時)Webからの相談・お問い合わせはコチラ
+