ケータイ料金の断捨離 その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月のケータイ料金いくら払っていますでしょうか?
格安スマホが沢山参入してきている状況ではありますが、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が9割くらいのシェアがあります。

ココで仮に毎月1万円払っているとした場合の総額を試算してみます。
20歳から87歳までの67年間 × 1万円 × 12ヶ月
でなんと804万円です!!
ご夫婦で1,608万円も一生で払うことになります。かなり驚きの金額になってしまいましたが、少しでも抑えるコツをお伝えしたいと思います。

 

<step1> 現在の支払金額と内訳を確認する

以前は郵送で紙の明細書が携帯キャリアから届いていたので毎月目にする機会があったのですが、今は紙の明細書は撤廃されましたので目にすることがなくなってしまいました(有料で届けてくれるキャリアもあります)。

ですので、一手間かかりますが、携帯キャリアの専用サイト(My docomo、My au、My Softbank)にアクセスしましょう。

 

<step2> 無駄なオプションがないかを確認する

先日この様なニュースがありました。元ドコモ執行役員の方の発言です。
加入した覚えのないもの、今は使ってないもの、初月無料で加入したけど解約忘れのもの、などがあったら、即解約です。
どんなオプションに加入しているかをすぐに確認しましょう!
少し前のニュースですが、解約忘れのオプションで某キャリアは1,000億円儲けているという説もあるそうです…

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お電話からの相談・問い合わせ: 0120-849-076 (平日9時~17時)セミナーの詳細はコチラ
+