2019年6月からスタートしたふるさと納税の新制度とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな制度でスタートしたふるさと納税ですが、何か厳しくなったんでしょ?お得度が減るんでしょ?という声が聞こえてきましたので、今回話題にしたいと思います。

結論から言うと、特に気にせず従来通りふるさと納税を楽しんで下さい!!

 

以下少し解説します。
まず「ふるさと納税」の基本をおさらいということでコチラ
この仕組みの中で最大の魅力である「返礼品の基準」が今回の新制度のポイントとなります。

もともと以下の2つの目安がありました。
1. 返礼品は寄付額の3割以内
2. 地元の産品

ですが、この目安からの逸脱があまりにも大きく、総務省からの指導・通達にも従わなかった4つの自治体がふるさと納税の税控除(「寄付額-2,000円」が翌年の住民税(及び所得税)から控除される)の対象外となりました。

そのため、対象外の自治体かどうかを気にしながら選ぶ必要があるので、ハードルが上がったと思われている方が多い様です。

でも大丈夫です!

・ふるさとチョイス、楽天ふるさと納税、ふるなび、などの大手ポータルサイトからはこの4つの自治体が選べない様になっている。
・この4つの自治体自体、ふるさと納税の受付を中止している。

ということで、「間違って対象外の自治体を選んでしまって、ふるさと納税の特典を受けられない」ということにはならない様になっていますので、安心してふるさと納税を楽しんでください^^

 

<参考>
 対象外となった4つの自治体
  大阪府泉佐野市
  佐賀県みやぎ町
  静岡県小山町
  和歌山県高野町

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お電話からの相談・問い合わせ: 0120-849-076 (平日9時~17時)Webからの相談・お問い合わせはコチラ
+