消費税10%に上がる前に買うべきもの(前編)

ついに201910月から消費税が10%に上がります。
必要な買い物で「高額な物」や「まとめ買いが可能なもの」は9月までの8%のうちに購入することも検討したいですね。

10%に上がる前に買うべきものを考えるにあたって、増税のタイミングに合わせて行われる2つの施策を整理したいと思います。(消費の落ち込みが懸念されるための対策)

  1. 軽減税率 (食費など条件を満たせば8%のまま)
    以前のコチラの記事を参照
  2. キャッシュレス決済でのポイント還元(5%または2%)
    クレジットカード、電子マネー、QRコード決済といった現金を使わない決済では次の優遇を受けることが出来ます。ただし、201910月から9ヶ月間(20206月まで)の期間限定です。ただし、以下の表の様に、購入する店舗によって変わります。

ポイント還元率

対象店舗

5%

中小規模や個人が経営する飲食店、小売店、宿泊施設など

2%

コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどのチェーン店

還元なし

大企業、大手スーパー、百貨店、病院など

 

例えば、税抜き4,800円の缶ビール1ケース(24缶)の場合を考えてみましょう。

 20199月まで: 4,800 x 1.08 = 5,184

 201910月以降

個人経営の酒屋さん: 4,800 x 1.10 = 5,280円 +   5%(240円)ポイント還元 = 実質5,040

大手ドラッグストア: 4,800 x 1.10 = 5,280円 +   2%(96円)ポイント還元 = 実質5,1840

デパート   4,800 x 1.10 = 5,280円 +   ポイント還元なし  =  5,280

 

まとめ

  • 上記ビールの例では、個人経営の酒屋さんで5%のポイント還元を受けるのが一番お得となります。しかし、実際個人経営の酒屋さんよりも大手ドラッグストアの方が安く買えるケースが多いため2%還元が現実的かもしれません。そうすると増税前の8%と変わらないので、増税前にまとめ買いするメリットはあまり感じられません。
  • 施策はとにかくややこしいのですが、活用出来るものはうまく活かすとともに、今回の増税のタイミングを機会に家計の見直しをしてみると良いかと思います。もし無駄な支出があれば削り、増税に負けない強い家計を目指しましょう^^

 

後編に続く…

老後資金2,000万円不足問題の読み解き方

「老後資金2,000万円不足」について年金問題や政治(選挙)問題など様々な報道がされていますが、実際の金融庁の文書の中身には現実的な課題と対策が書かれています。

人生を次の3つのステージに分けて、それぞれでやるべきことが提言されており、非常に適切ですので、一度目を通すことをお勧めします。

  1. 現役期
  2. リタイア期前後
  3. 高齢期

ただし、「現役期」も20代から50代、60代まで幅広く、収入や働き方、家族構成など、様々な変動要素があります。残念ながら、この変動要素は金融庁の文書ではカバー仕切れませんので、自分ごととして考えていく必要があります。

考えていくためのヒントやきっかけを得て頂く機会をセミナーとして開催していますので、お気軽にご参加ください^^

セミナー案内とお申し込みはコチラ

2019年6月からスタートしたふるさと納税の新制度とは?

新たな制度でスタートしたふるさと納税ですが、何か厳しくなったんでしょ?お得度が減るんでしょ?という声が聞こえてきましたので、今回話題にしたいと思います。

結論から言うと、特に気にせず従来通りふるさと納税を楽しんで下さい!!

 

以下少し解説します。
まず「ふるさと納税」の基本をおさらいということでコチラ
この仕組みの中で最大の魅力である「返礼品の基準」が今回の新制度のポイントとなります。

もともと以下の2つの目安がありました。
1. 返礼品は寄付額の3割以内
2. 地元の産品

ですが、この目安からの逸脱があまりにも大きく、総務省からの指導・通達にも従わなかった4つの自治体がふるさと納税の税控除(「寄付額-2,000円」が翌年の住民税(及び所得税)から控除される)の対象外となりました。

そのため、対象外の自治体かどうかを気にしながら選ぶ必要があるので、ハードルが上がったと思われている方が多い様です。

でも大丈夫です!

・ふるさとチョイス、楽天ふるさと納税、ふるなび、などの大手ポータルサイトからはこの4つの自治体が選べない様になっている。
・この4つの自治体自体、ふるさと納税の受付を中止している。

ということで、「間違って対象外の自治体を選んでしまって、ふるさと納税の特典を受けられない」ということにはならない様になっていますので、安心してふるさと納税を楽しんでください^^

 

<参考>
 対象外となった4つの自治体
  大阪府泉佐野市
  佐賀県みやぎ町
  静岡県小山町
  和歌山県高野町

給与明細をチェックすべき3つのタイミング

みなさん毎月待ち遠しい給料日!

毎月給料が変わるものとしては残業代かと思いますが、それ以外にも給与明細をチェックすべきタイミングが年に3回あります。

天引きされる税金の金額が変わるタイミングの3回です。

まず、6です。前年の1月から12月の収入で計算された所得税をもとに遅れて住民税が計算され、6月の給料から新しい住民税が天引きされます。同じタイミングで(横に細長い形の)住民税決定通知書を会社から貰いますが、特に前年に「ふるさと納税」を行なった場合はその通知書を要チェックです。ふるさと納税のワンストップ特例で正しく申告が行われていれば、寄付額から2,000円を引いた額が「税額控除」の欄に記載されています。(もし記載されていなければ、申告が正しくなされていなかった可能性があります)

次に、10です。社会保険料がこのタイミングから最新の額に切り替わります。具体的には、4~6月の収入を元に算出されるます。(残業が続くなど4~6月に収入が多かった場合、次の10月以降の1年間は多く社会保険料が天引きされます)

そして、最後は12です。年末調整の書類を提出し所得税が正しく計算され、多くの場合は戻ってくることになりますので、12月給料では手取り額が増えることになります。過去1年間で引かれすぎていた毎月の税金(所得税)が12月の給料でまとめて戻ってくる形です。

12月だけの臨時収入となり普段の給料よりも多く手元にあることになりますが、しっかりと将来へ先送りするのが良いですね^^

毎年5月の〇〇〇税の払い方

皆さんのところにも届きましたでしょうか?毎年GW明けにやってくるあの通知書です。

自動車を保有している方は逃れられない自動車税です。車の排気量が大きければ大きいほど自動車税が大きくなるので分かってはいるもののちょっと驚くこともありますよね^^;
ちなみに、排気量毎の税額は以下の通りです。

なお、環境に優しい電気自動車やハイブリッドカーはエコカー減税により新車購入から何年か優遇があります。

この自動車税は都道府県税という地方税となり、石川県であれば石川県に支払う税金です。
この毎年の自動車税は税金ですので、現金で収めることが一般的かもしれませんが、実はクレジットカード払いが可能な都道府県が41もあります!
(クレジットカード払いが出来ない都道府県は、秋田県、山梨県、石川県、京都府、徳島県、高知県)

クレジットカード払いによるデメリット(手数料がかかる、納税証明書がすぐにもらえない,など)もありますが、ポイント還元率が高いカードを使っている場合や、夏のボーナスが入らないと支払いがきつい、といった様な場合は十分検討の余地ありです。(詳細はコチラ)、

そして、クレジットカードが使えない6つの府県の方もまだ諦めてはいけません。裏ワザ(?!)を見つけました。
<step1> nanacoへクレジットカードからチャージ
<step2> nanacoを使ってセブンイレブンで自動車税を支払う

ただし、nanacoへのクレジットカードからのチャージが手間だったり、ポイントがつかないカードもあったり、nanacoカードを持っていない場合はnanacoカードを新規作成しないといけなかったりと、ハードルは高いかもしれませんが手段の一つとして知っておくと良いかもしれませんね。
(nanacoカードの代わりにnanacoモバイルというものもありますが、AndroidスマホのみでiPhoneは使えません)

P.S. 軽自動車は一律10,800円となります。納め先は市町村となりますので、お住いの自治体によってクレジットカードの扱いは異なります。(石川県では小松市のみがカード使える様です)

ケータイ料金の断捨離 その1

毎月のケータイ料金いくら払っていますでしょうか?
格安スマホが沢山参入してきている状況ではありますが、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が9割くらいのシェアがあります。

ココで仮に毎月1万円払っているとした場合の総額を試算してみます。
20歳から87歳までの67年間 × 1万円 × 12ヶ月
でなんと804万円です!!
ご夫婦で1,608万円も一生で払うことになります。かなり驚きの金額になってしまいましたが、少しでも抑えるコツをお伝えしたいと思います。

 

<step1> 現在の支払金額と内訳を確認する

以前は郵送で紙の明細書が携帯キャリアから届いていたので毎月目にする機会があったのですが、今は紙の明細書は撤廃されましたので目にすることがなくなってしまいました(有料で届けてくれるキャリアもあります)。

ですので、一手間かかりますが、携帯キャリアの専用サイト(My docomo、My au、My Softbank)にアクセスしましょう。

 

<step2> 無駄なオプションがないかを確認する

先日この様なニュースがありました。元ドコモ執行役員の方の発言です。
加入した覚えのないもの、今は使ってないもの、初月無料で加入したけど解約忘れのもの、などがあったら、即解約です。
どんなオプションに加入しているかをすぐに確認しましょう!
少し前のニュースですが、解約忘れのオプションで某キャリアは1,000億円儲けているという説もあるそうです…

 

幼保無償化を解説!

幼児教育・保育の無償化が2019年10月から始まります。

幼児教育・保育の無償化と言う言い方ですが、全て無償になるわけではありません。

対象範囲は下の表の様に限定されております。(そして、2歳児以下は対象外…)

また、重要なポイントはこの制度が始まったからといって待機児童の問題は解消されませんし、そもそも保育園などに入れないとこの制度も活かされません。

ただ、従来から3~5歳児(年少~年長クラス)で毎月保育料を払っている方にとっては大きな変化であることは確かです!

金沢市の保育料(詳細はコチラ)は大部分の方は27,800円/月となりますので、従来に比べてこれが3年間浮いてきます。
27,800円 x 12ヶ月 x 3年間 = 1,000,800円
とかなり大きいので、学資保険などの教育資金の積立にこれを加えられると大きいですね^^

家計の”さしすせそ”とは?

調味料の「さしすせそ」は料理の基本でご存知かと思います。砂糖(さ)、塩(し)、酢(す)、醤油(せ)、味噌(そ)のことで、料理をすることに味付けをする順番です。(ご参考までに、詳しくはコチラ)
「そ」はソースではありません^^;

ところで、インターネットやスマホの普及により、様々なマネー情報を簡単に得ることが出来る様になりました。その反面、情報が氾濫し、何が正しいのか、何が良いのか、逆に分からなくて。。。

という声も聞こえてきます。どれが一番ベストか?と常に情報収集することも良いですが、適度に節約や貯蓄、投資をバランスよく組み合わせていくことがマネープランの改善など続けていくコツの様に思います。

そこで、そのヒントとして「家計のさしすせそ」を紹介しますので、良かったら参考にして下さい^^

 

「さ」=財布の紐をしめる
家計改善などで支出を減らせることがあれば減らしましょう。ここでは詳しく触れませんが、固定費の見直しが効果続いて良いですね。

「し」=仕事で頑張る
収入を増やすことが出来るのであれば、もちろん効果大です!最近は色々な働き方があります。

「す」、「せ」=少しづつ、積極的に運用を
運用も必須な時代となっています。コツコツと先取り貯蓄して、それを寝かすのでなく、運用に回すことも考えましょう。

「そ」=相談する
FPや金融機関など、お金のことは専門家の知識を借りることも重要です。情報氾濫している中で、第3者視点、専門視点を借りるのが必要な時代かもしれません。

児童手当の申請はお早めに!

子供が生まれたら出生届と合わせて児童手当を忘れずに申請しましょう!
児童手当については以前の投稿をご確認ください(コチラ)

 

今回は、申請するタイミングで1ヵ月分(所得制限を超えない方であれば15,000円)減ってしまう恐れがあるという話です。

なぜなら「出生日」が基準ではなく、「申請した日の翌月分から」児童手当が開始となるからです。

ただし、出生日が月末の場合、その月内の申請は困難です。その場合は出生日から15日以内であれば出生日の翌月に申請してもその月分からもらえる「15日特例」があります。

下の図のケース2とケース3は出生日が同じで申請日が異なるだけですが、ケース3は1ヶ月分ソンすることになりますので、気をつけましょう!!

今年だけは確定申告をすべき人

確定申告の季節ですね(税務所の近くの道路が渋滞します…)。
と言っても、会社員の方は会社が年末調整をしてくれるので基本的には確定申告は不要です。

ただし、例外として確定申告が必要な時は、
・医療費を10万円以上自己負担した場合
・住宅を購入した年で初めて住宅ローン控除を受ける場合
が大きな2パターンです。

今回は、これ以外で忘れがちで注意しないといけないケースをお伝えします!

それはふるさと納税でワンストップ特例での申請が出来なかったケースです。
(1/10必着の締め切りに待ち合わなかった場合、単純に忘れている場合、12月末に寄付してワンストップ特例申請書が届かずに結果1/10に間に合わなかった場合、など)
※ワンストップ特例についてはコチラの記事を参照

ワンストップ特例での申請出来なかった場合は、必ず確定申告を行う様にしましょう。
そうしないと、本来戻ってくる「寄付額-2,000円」が戻ってこないことになります!

お電話からの相談・問い合わせ: 0120-849-076 (平日9時~17時)セミナーの詳細はコチラ
+