ポケベル終了のニュースから考える時代の変化

50年続いたポケベルが遂に終了というニュースがありました。一般向けではなく関東の病院内のみというごく一部のみのサービスですので「まだあったんだ?」という印象かもしれません。
「ポケベルって何?」という方もいらっしゃるかもしれません。
ポケベルの話題で年齢がバレますね^^

続きを読む

iDeCoで多くの人が陥っている落とし穴

iDeCo(個人型確定拠出年金)や企業型確定拠出年金では自分で運用商品を選ぶ必要があります。

「日本株式 30%、日本債券 20%、海外株式 30%、海外債券 20%」といった様な感じです。

その選択肢の中に「元本確保型」(預金や保険など)があり、投資や運用にハードルを感じている方はこの「元本確保型」を選ぶ場合が多いそうです(6割もの方が元本確保型を組み込んでいるというデータもあります)。

これが落とし穴です。
「元本確保型」は増えもせず減りもせずということで安心感から選ぶ方が多いですが、iDeCoなどの確定拠出年金には運用手数料などの各種手数料がかかっており、結果「元本確保型」のみでは、手数料が引かれて確実に「元本割れ」してしまいます。。。

iDeCoなどの運用はある程度中長期的にリスク(ブレ幅)を許容しながら増やしていくことを期待すべきと考えますので、この辺りは少しづつ情報シェアしていきたいと思います^^

紙切れ一枚の分析で臨時ボーナス?!

紙切れ一枚というのは「ご主人の源泉徴収票」です。
奥様も会社員として働いていて(ご主人の扶養に入っていない)、奥様が育休を取得中または育休取得し会社へ戻られた方が対象となります。

この紙を見せて頂いた時に、私は左上の方にある「控除対象配偶者の有無等」の欄を確認します。
有の欄に◯が付いていると、奥様が扶養に入っており配偶者控除の対象となっていることになりますが、共働きの場合は付いていないケースが普通です。(育休を取っていても奥様は会社を辞めてないので、ご主人の扶養に入っていないため)

しかし、育休中で奥様が会社からの収入が少なければその年度だけ◯を付けることが出来ます(そのやり方はちょっとだけややこしく、条件もあるため、必要な方は別途サポートします)。
その結果、本来税制優遇を受けるべきであった「配偶者控除」分として、5~10万円程度(ご主人の年収により変化)を臨時収入として得ることが出来ます!しかも、5年前の分までさかのぼれるので、もし3歳のお子さんと1歳のお子さんで2度育休を取得していたら×2です!!

 

育休中の方、または過去に育休を取っていて現在会社に戻って働いている方は必見です!

 

<補足>
扶養は2種類あり、一つは社会保険面、もう一つはご主人の税制優遇面です。今回は後者のみを該当年度だけ申請するというものです。

タイゾー流資産形成術のススメ

杉村太蔵さんの講演会に参加する機会がありました。
お題目は「どうする老後の資産?タイゾー流資産形成術のすすめ」です。
300名くらいが入る東急ホテルの会場、開場してすぐに到着したのですが、早くも半分くらいの座席が埋まり、開始時間にはほぼ満席でした。

喋りだけ(資料無し)でもあっという間に感じた90分間でしたが、会場全ての人を惹きつける喋りは本当に流石でした! 続きを読む

雑誌デビュー!

石川県で子育て世代向けの新しい雑誌が発刊されます。

「ママトコ 」という年2回の季刊誌ですが、新たな情報誌が2018/11/20(火)から石川県の書店・コンビニに並びます。

「覚えておきたお金にまつわる考え方」&「マネープランの大事なポイント」というコーナーがあり、その中で名だたるFPの方々に混ざって私も登場しています^^

他にも「子育てママが選んだお出かけスポットベスト60」や「病院の先生へのインタビュー」など、子育て世代には役立つ内容が満載となってます。

見かけたらぜひ手にとって見てくださいね^^

「人生」と「経営」はよく似ている?!

「貯蓄から資産形成へ」という金融庁(国)からのメッセージをご存知でしょうか?

以前は「貯蓄から投資へ」だったのですが、投資=ギャンブルのイメージが強過ぎてメッセージが伝わらなかったため(恐らく)、2年ほど前に「投資」の部分が「資産形成」に置き換えられました。

国からのメッセージではありますが、聞いたこと無いという方も多くいるかもしれません。。

そして、金融庁はなんとYouTubeチャンネルも作ってました!考えさせられる内容となっており3分程度の短い動画ですので、一度見てみてください^^

年金を142%にする方法

現在の日本の年金制度では、65歳から貰えることになってます。(納付額や年数、働き方によって受給額は変わります)

通常は20歳から60歳までの40年間納付することによって、満額を65歳から貰えます。(この額を100%とします)

これに対し、「繰り下げ受給」という制度を使うことで、最大で70歳まで受給を遅らせることで毎回の受給額が142%となります!

65歳から69歳まで本来貰えるものが貰えないということになりますが、長生きすればするほどお得と言えます。元々の受給額にもよりますが、おおよそ83歳以上長生きする場合は「繰り下げ受給」した方がトータルで貰える額は多くなります。

70歳手前までの生活をどうするかが課題となりますが、逆にいうとその70歳手前までの生活費用をしっかりと若いうちから準備しておくことで十分カバーできます。

(逆に、「繰り上げ受給」という制度もあり、こちらは65歳よりも前に貰うことは出来ますが、貰える額が減ります)

 

なお、ご参考までに3年ほど前のデータですが、国民年金を通常の65歳から貰っている割合は63.1%、繰り上げ受給 35.6%、繰り下げ受給 1.4%となっており、ほとんど繰り下げ受給が活用されていないという実態です。今のうちから将来の生活をしっかりと考えていかないと!と思わせるデータですね。

子育て支援メッセいしかわ2018

いよいよ明日11/4(日)は、「子育て支援メッセいしかわ2018」です。

恐らく石川県で最大級の毎年恒例の子育て世代+子供が楽しめるイベントです。(1日の来場者なんと1万人!)

このイベントだけでも来場者が多いのですが、ツエーゲンの試合など他のイベントも近隣であるので、駐車場や周辺道路は大混雑ですので、ご注意下さい^^;

 

この子育てメッセにて我がミリオンマネーアカデミーもブースを構えてますので、お時間ある方はぜひお立ち寄り下さい。(入り口近くの85番ブースです)

お子さまが楽しめるクレーンゲーム(お菓子をゲット)がお待ちしてます!

お電話からの相談・問い合わせ: 0120-849-076 (平日9時~17時)セミナーの詳細はコチラ
+