年金

年金を142%にする方法

現在の日本の年金制度では、65歳から貰えることになってます。(納付額や年数、働き方によって受給額は変わります)

通常は20歳から60歳までの40年間納付することによって、満額を65歳から貰えます。(この額を100%とします)

これに対し、「繰り下げ受給」という制度を使うことで、最大で70歳まで受給を遅らせることで毎回の受給額が142%となります!

65歳から69歳まで本来貰えるものが貰えないということになりますが、長生きすればするほどお得と言えます。元々の受給額にもよりますが、おおよそ83歳以上長生きする場合は「繰り下げ受給」した方がトータルで貰える額は多くなります。

70歳手前までの生活をどうするかが課題となりますが、逆にいうとその70歳手前までの生活費用をしっかりと若いうちから準備しておくことで十分カバーできます。

(逆に、「繰り上げ受給」という制度もあり、こちらは65歳よりも前に貰うことは出来ますが、貰える額が減ります)

 

なお、ご参考までに3年ほど前のデータですが、国民年金を通常の65歳から貰っている割合は63.1%、繰り上げ受給 35.6%、繰り下げ受給 1.4%となっており、ほとんど繰り下げ受給が活用されていないという実態です。今のうちから将来の生活をしっかりと考えていかないと!と思わせるデータですね。

子育て中の時短ママ必見!(①将来の年金を減らさない!)

会社員の女性が出産されると産休や育休に入る方が多いと思いますが、育休明けに仕事に復帰される時に時短となるケースが多いかと思います。

そうすると、当然給料は前と比べれば低くなって、低くなると天引きされる社会保険料(厚生年金、健康保険)も低くなります。つまり、 続きを読む

お電話からの相談・問い合わせ: 076-293-1853 (平日9時~17時)Webからの相談・問い合わせはコチラ
+